-Unbalance + Automatic-   津村ユキヲnote

日記-雑感-その他     

哲学読書会「テツドク」の感想

 
Tetugakuya(https://www.tetugakuya.net/)の店主さんと最初に接したのはツイッターでした。当時、自分が参加していたアートイベントを見に来てくださったりしたことをきっかけにご縁が生まれ、店主さんがはじめられた魅力的なお店のことをHPを通じて知り、これはぜひとも行かなければと思ったのです。ただのアンティークショップではなく、なにか「哲学」というテーマを掲げ活動を始められているらしい…。哲学読書会「テツドク」?なんだそりゃ・・・あれだろ、つまり「サロン」だろ?哲学をテーマとした。え、なんかかっこいい。参加してみたい。と思ってまずはお店に行ってみたら、男性かと勝手に想像していた店主さんは、お若い素敵な女性であり、ますます参加してみたくなりました。お店もすごくかっこいい。

というわけですでに第五回目となっていた哲学読書会「テツドク」に参加しました。お題となる本は、エーリッヒ・フロム「愛するということ」。事前に全部は読めてなかったがとりあえず予定範囲まで読んで参加した。この「テツドク」、スタイルとしては、本の予定された範囲について、輪読し、内容についてディスカッションし、また参加者同士交流をする。といったかんじ。ちなみにTetugakuyaさんのホームページでそれぞれの回について内容がまとめられています。
自分が参加した第五回~第九回について、自分のツイート内容をあげて少し振り返ってみます。※青字部分がツイート
 
第五回(初参加)感想ツイート

普段接することのなさそうな方々とお話ができて楽しかったです。AIやVRも含む科学技術の大幅な発達による社会と人間の変化が進む中で、哲学や倫理学の役割が増すのではないかというかんじのことを語った気がするが頭悪いのでふわっと感じているだけです。でもそういうことを考え続ける知的好奇心は失わないでいたいと思っている。バカだけど勉強はしたい。
 
ふーん。

第六回の感想ツイートとその五日後のツイート
 
読書会にいってきた。人数がもっとふえるといいと思いました。
 
RT 読書会の課題本なんでぼちぼちと読んでるんだけど、帯の谷川俊太郎前田俊夫を空目してしまうようなやつにはこの本は向いてないかもしれない。俊しか合ってないのに。
 
前田俊夫とは「うろつき童子」などで有名なエロ劇画家です。本の内容がやはり馬鹿には難しかったということがうかがえます。
 
第七回の感想ツイート

Tetugakuya さんで、読書会参加してきました。フロム「愛するということ」第七回。ジェンダーフェミニズムの話に脱線したりして?面白かったです。

この回を前にして、ようやく本の全編を通して読み。あれっなんか面白いなあと思いました。そして参加者のみなさんの話が面白いなあって感じだしたようです。
 
第8回の感想ツイート

今日は名古屋で哲学カフェをされているという方も来られていて、哲学カフェが全国的に出来つつあることに吃驚。もりあがった。
哲学カフェをひろめるために、という話の流れで、この小説みたいに店主さんにメイド服を着ていただこう!という提案をした所、けっこう乗り気でいらした\(^o^)/
#ようこそ哲学メイド喫茶ソファンディへ

f:id:Tsumura:20170610205913j:plain

と、哲学カフェを舞台とする小説の話をしたり(笑)。
 
第九回(「愛するということ」最終回)感想ツイート

参加してきました。哲学読書会、エーリヒ・フロム「愛するということ」は最終回。自分にとって実り多い時間を過ごさせていただきました。楽しかった。次回からはスタイルも変わり新たなテツドクとなる模様。楽しみにしています!
 

・・・とりあえずこんなかんじです。

えーと実は最後の回は、ちょっと駆け足で終わったような気がして、総論的なことももう少しやってほしかったとは思いました。この時は新規参加者も3人いらしてお話うかがうのも楽しかったですね。
自分が参加したのは全九回のうち五回分なわけですが、一冊の本の内容について個々の引っかかるポイントを精査し議論し、考えを深めるということが行われていったことで、普段本を読むときに、だーっとなんとなく読んでしまう自分としては、そのように読み、人の考えも知り、自分の認識を新たにしていく、という一連の流れ自体が新鮮でしたし、哲学的思考の一端に触れた?という感じがあります。
ちなみに、今回この文章を書くにあたり思想と宗教と哲学の関係についてまとめているサイトを見て、なるほどって思いました。

naohilog.com

 
 
「愛するということ」は今から61年前に当時の最新の心理学や社会学、哲学の知見を持った作者が提示した「理想の愛」とその修練について、さらにはそれが広範に啓蒙された理想社会の夢をちら見させる思想書ではないか?と自分は思いました。面白い本でした。
そして「テツドク」は面白かった! 考え続けること、問い続けることは面白い!です・・・!
 
次回から、スタイルが少し変わるかも? また参加します(*^^*)

11年前

GWに車で四国一周した時の写真。

あれからどこへたどり着いたのか。これからどこへ行くのか。風の吹くままに。なんつって。

 

f:id:Tsumura:20060506063010j:plain

f:id:Tsumura:20060506063033j:plain

「Tetugakuya」さん

昨日、香川県多度津町にある「Tetugakuya」さんに行ってきた。f:id:Tsumura:20170205164749j:plain


(ホームページ https://www.tetugakuya.net/ )

 


すごくカッコいいお店なので紹介します(´∀`)。


建物がとにかく良くって、かつて銀行として使われていたのだ。三角形の格子装飾が特徴的で、全体にモノトーンでしゃきっかくっとしている。
北側角は敷地にあわせたのか、直角ではなく鋭角。カドっこカッコイイ(´∀`)!
この建物をリユースし、西洋アンティークセレクトショップTetugakuyaさんが昨年8月よりオープンされました。

中に入るとおしゃれな空間に素敵な商品たちが!店主さんのこだわりの品ぞろえがすばらしい。不思議で神秘的なオブジェ達は
西洋哲学や神学を勉強された店主さんの趣味を覗かせるものとか。
こういうアンティークショップ香川周辺にはなかなか無いのではないでしょうか。素晴らしい!

f:id:Tsumura:20170205165136j:plain

f:id:Tsumura:20170205175502j:plain

 

ショップスペースの他、とても広いレンタルスペースギャラリーがあり、昨年10月には美術作家さんの個展もひらかれました。
巨大な金庫室があり映像や光の演出を使った作品展示にもよさそう。

f:id:Tsumura:20170205173902j:plain


「哲学」を学び続ける店主さん、毎月一度哲学カフェということで哲学書を読む読書会を開かれています。
自分も哲学というもの自体、また、うわさに聞く「読書会」(香川でそういうのあるの?)というものに一度参加してみたいと思っていたので
次回は参加してみようと思っています、テキストは『愛するということ』エーリッヒ・フロム著。
なんとなくハイソサエティな雰囲気を感じるのでアレだがバカなのでものは試し。

f:id:Tsumura:20170205182746j:plain

香川の西の方のすごいカフェ

唐突だが、香川の西の方のすごいカフェとかセレクト。

 

「ヴェランダ 」 めっちゃすごい場所

 

レポートブログhttps://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjgltuB7vjRAhUCh7wKHSoYAXMQFgghMAE&url=http%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fattenborogh%2Fentry-10882715873.html&usg=AFQjCNGtEV64nNaVXEkk0Eo1LT-ICHew2Q&sig2=xil_WHCdYGoqG46ajgKsRw

 

ホームページhttp://www.ningyokan.co.jp/veranda/

 

Facebook https://www.facebook.com/pages/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80/366145890143987

 

 

「レイジーボーン」 アンティークとカフェ、ギャラリーも。音楽イベントも時々。なかなかすごかった。

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%B3/426566450723993

 

「gaouv rabari 」観音寺市の町中。ここもかなりすごい。

紹介ブログ

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjZxIj17_jRAhUBa7wKHXi4Ch0QFgghMAE&url=http%3A%2F%2Fmetabokawa.ashita-sanuki.jp%2Fe827125.html&usg=AFQjCNEk7CGaP22D_AE55vcbNx3c7_NxBw&sig2=-FNjmK99ESms84KeWU5ZTg

 

ホームページ

http://rabari.jp/

 

 

「キトクラス」丸亀市綾歌町アンティークではないけどすごい。

http://hibinokeiko.blog.jp/archives/27622961.html

 

 

おかし工房Botan・ボタン木工所  家具も作ってるカフェ。なかなか。

 

 

https://www.facebook.com/%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%97%E5%B7%A5%E6%88%BFBotan%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3%E6%9C%A8%E5%B7%A5%E6%89%80-152351261516141/?ref=page_internal

 

http://kure.ashita-sanuki.jp/e893191.html

 

 

 

坂出アートプロジェクト2016秋会期 (2016年10月8日〜11月6日)において作品を出展しました。

坂出アートプロジェクト — 未来の記憶_人工土地

 

以下、その記録集用に書いた文章です。坂出人工土地という特殊な複層建築物の存在を前提としたアートイベントであり、作品であるということをお含みおき下さい。

 

 

※坂出人工土地についてはこちらの記事がわかりやすく面白いと思います↓

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwia1ujhz93RAhVIe7wKHbbXCawQFggeMAA&url=http%3A%2F%2Fwww.goodrooms.jp%2Fjournal%2F%3Fp%3D6974&usg=AFQjCNHY4mNXDVUNzTdcHQ994pAhw7I0OQ&sig2=LtP8JT2q8YdDeHYFRmqQiA

 

作家名

津村ユキヲ

 

作品タイトル

「concrete gestation (懐胎)」

 

解説文

 

「巨大でいびつなコンクリート構造体「人工土地」。この無機物なマトリクスには、やがて人の生とともに有機物たる植物が侵食し増殖し混沌を形成するに至った。まるでこの無機たるコンクリートからも生命が生まれるかの如く、混交はやがて幻想の生命と化し、卵塊は無数に生じ孵化し、気化したか紛れたか、そこにいるのか、生まれたものはいったいナニであるのか、それは千年後に測られる。」

 

このテキストを作品に添えました。

 

人工土地という巨大建造物から、コンクリートで出来た卵が、巨樹と共にVaginal orifice から排卵され、無数の卵から人やモノの「想い」が孵化しているという様子を表現しています。

象徴的なガジェットに言葉を添えることで、SFやファンタジー的な夢想を呼ぶものになったのではないかと思います。

展示期間の後半、卵の一部からラヴェンダーなどの花が育ち咲きみだれるという展開を加えました。無機物であった人工土地というマトリクスが緑覆うカオシックな空間になっていることの相似形として、この作品も最終的に植物の生命溢れるものとなりました。

 

 

 

f:id:Tsumura:20161009163945j:plain

f:id:Tsumura:20161016091726j:plain

f:id:Tsumura:20161008125543j:plain

f:id:Tsumura:20161008125628j:plain

f:id:Tsumura:20161010171731j:plain

f:id:Tsumura:20161010174616j:plain

f:id:Tsumura:20161010174129j:plain

f:id:Tsumura:20161008125335j:plain

f:id:Tsumura:20161010171037j:plain

f:id:Tsumura:20161010165131j:plain

 

 

展示期間後半の変化。

 

f:id:Tsumura:20161103122826j:plain

f:id:Tsumura:20161103123048j:plain

f:id:Tsumura:20161103122612j:plain

f:id:Tsumura:20161103122521j:plain

f:id:Tsumura:20161103115809j:plain

f:id:Tsumura:20161103123232j:plain

f:id:Tsumura:20161103123319j:plain

 

 

作品は「人工土地」という文明遺産の付属物であり一時のデコレーションにすぎなかった。ひと時の幻視を楽しんでいただけた人がいたなら幸い。

 

f:id:Tsumura:20161010170131j:plain

f:id:Tsumura:20161010171433j:plain

ついったーばかりしてる

ツイセーブでツイートの記録をはじめました twisave.com/tsumurayukiwo

文芸

農民芸術家などとフザケテ名乗ってしまっているが、「芸術」には文芸も含まれる。

なので文芸活動もします。

昔から本の虫で、文芸の世界に憧れだけはある。何分バカでへたくそなので箸にも棒にもかからないが。

ツイッターはじめてからのものを、少しだけどまとめてみた。

 

3月22日

みかんやまの廃発動機のかなたに瀬戸大橋のかすかに見え

f:id:Tsumura:20160919210544j:plain

 

 

3月25日

やみむし蠢きだすはるつきよ かぜふき

 

 

4月24日

薔薇の花芯にあまがえるの生え出でたり  春の朝

f:id:Tsumura:20160919212659j:plain

 

 

6月22日

しとしとと雨降る我が家にて 妻の帰りを待ちつつ自らの来し方を思い、ソファーに顔うずめよだれ垂らす

 

 

7月11日

 

幻魔とは  時空の果ての  死の衝動か         #幻魔大戦

 

 

7月11日

知りたきは、花の詩女(うため)の 蒔きし種 。   五つの星の 物語にて     #FSS

 

9月7日

岩礁に流れ着きたる死人の黄疸 午後三時の陽の色に似て
#猟奇歌

 

9月7日

絶海の 弧極の蟲卵 膿み出でて
その冥奥の 虹はナナイロ
#猟奇歌

 

9月7日

空白の 虚無への絶望 ひるねかな
夏芙蓉咲く コンクリの空

f:id:Tsumura:20160816080250j:plain